FC2ブログ

大晦日の準備(12月31日)

31日になってから気づくことは多いのです。
ちょっとがんばりすぎたけど、よくやった。

まず解凍するものを冷凍庫から出します。


数の子と北海しまえび。
この数の子は崩れだったので
解凍してからアララと思ったけれどまぁ良いです。

正月から何日料理しないで済むかと考え
肉類は調理するのじゃ!
(傷むから)
というわけで豚の角煮。
卵は半熟で茹でて
角煮が出来上がってから
汁につけて味を染みさせます。



あとは年越しそばのお出汁と
お雑煮のお出汁は共有できるじゃん!
と気づいて
たくさん作りました。



右の容器は、後で乗せるもの。

そしてお刺身を買いに行きましたら
もうあまり残っておらず。
事前予約が良いですね。



お昼に年越しそばを食べ



ご馳走は夜。



北海道では、大晦日からお節です。
我が家はお重じゃなくてお皿に。



よーし、これで今年の年末に困らないぞ。



スポンサーサイト



筑前煮と小豆あん作り(30日)

30日は、筑前煮と小豆餡作りをしました。

筑前煮は



ごぼう、レンコン、こんにゃく、
たけのこ、にんじん、里芋
椎茸、鶏モモ(1枚)

炒り鶏のレシピを参考に
モモ肉を炒めてから一度取り出し
油を足して
根菜から炒め合わせ
だしパックと昆布でとってあった出汁と
酒、砂糖、醤油、みりんを入れて
ガーッと強火で炒めるように煮ます。





てりが出て、でも里芋が煮崩れない
ギリギリを攻めます。



お重がないので、
子どもたちが小学生の頃
運動会のお弁当で活躍した
ピクニックお弁当箱3段重ねを使います。


小豆は、圧力鍋でガッと楽に。





ぐずぐずになるまで煮て
瓶で保存です。



砂糖は小豆の3分の2
塩も少し入れています。



1日のお昼はお汁粉。
お鍋に餡を入れて水と砂糖を少し足して伸ばし
焼いたお餅と茹でカボチャを入れました。
写真は餅が入っていない私の。

ニシン漬けと合うのですよこれがまた。

結構30日は
何か忘れていないかと不安になりました。

忘れてたら忘れててもいいじゃない
と思うことにしました。




年末の買い物(早期)となます、黒豆作り(29日)

去年どうしてたっけ?
と悩むことがないように
記録をつけることにしました。
でも大雑把ではあります…

まず忘れず書いておきたいのは
クリスマス過ぎたら値上げが待ってるぞ!

なので、日持ちする根菜類や真空パックもの

たけのこ、にんじん、レンコン
里芋、ごぼう、写真にないけど大根
あと小豆、黒豆、乾物他にあったかな?

冷凍物(北海しまえび、数の子醤油漬け)


は早めに買っておけ。→私

29日は、まなす作り。


反省:にんじんが多かった。
小さめのにんじん4分の1とふっとい大根15cm
くらいでバランス良いのではないかな。


千切りしたにんじんと大根それぞれに塩を振り
(大根に塩小さじ2半分強くらい)
少し置いてしんなりしたらしっかり絞る。

にんじんと大根を混ぜて
酢大さじ3、砂糖大さじ1強も加えよく混ぜ、冷蔵庫へ。

いくらの醤油漬けを乗せていただく。

黒豆も煮たんでした。28日に洗って水に漬けておく。
そして29日に厚力鍋でガッと。
冷めてから蓋を開けると皮が破けにくいけど
見事に破けた今年(笑)



柔らかく煮えてから
砂糖と塩を加えること。

29日はこれで。


自分の生活のルーティンを作る

長女が冬休みに入りました。

来年の春から親元を離れる長女と
生活のことについて話し合うのを
月曜日に1時間程度と決めました。

ASD(アスペルガー)は
まずルールを決めて
それをなぞるように生活するのが良いです。

そのルールを決めるときには
後で矛盾や実現不可能なことが出てこないよう
変更がなるべく少ないよう
いろいろなことを考え合わせる必要があります。

今日は、身の回りのことを考えました。

まずは、消耗品について。



トイレットペーパーなど
一緒に住む人みんなで使うものと
長女だけが使うものを分けて
自分のものを自分で管理する必要について
説明をしました。

いつの間にか補充されている
という環境は、春からはありませんからね。

次は、掃除と洗濯のルーティンを決めます。

月、木曜日は部屋を掃除する日
水、土曜日は洗濯をする日
と決めました。





今日は、ここまで。
そして、このルーティンを
冬休み中に実行していきます。
慣れた頃に学校が始まって
学校生活+ルーティン
ができると良いな、と。

これは、自分の分だけで
実際には一緒に住む人との
全体の家事分担なども出てきます。

それはまた今度ね、ということにしました。


長女の定期失くし事件に学ぶパニックへの対処


今朝早起きをしてお弁当作りや勉強を済ませ
「私えらいでしょう!」
とルンルンだった長女。
さあいつもより早く出かけるぞ
という時になって
「定期がない!」
と大騒ぎ。パニックになった長女は
当たり前のように私に当たり散らします。

そこで、来春からお世話になるお家で
これをやっちゃいけないぞ
と思った私は
「焦ってパニックになっているけれど
失くしたあなたの責任はなくならないよね?
¥8,000-弱の損失を出した事実は
きちんと謝罪して
今定期がないので
バス代を出してもらうか
送ってもらうかについては
どちらも親にお願いしなければいけないよね。

将来社会人になったとき
みんな絶対失敗するんだけど
・きちんと謝罪すること
・礼儀正しく協力をお願いすること
の2つができることが大事。

これができれば
みんな助けてくれるんだよ。

今その練習の時だよ。」
と言いました。

長女はうーーと抵抗を感じながら
「定期を失くしてしまってごめんなさい。
今日は学校まで送ってくれない?」
と言えました。

よく言えたね、というわけで
夫が送ることにして
家を出ようとしたら
「定期があったよ!」
なんと定期は傘に引っかかっていました。

時間が時間だったので夫が送ってくれましたが
帰りは定期で帰ってこれます。

長女はホッとした顔で出かけました。

一件落着。

長女がパニックになったとき
責任がうやむやになりがちです。

・いち早く解決までの見通しをつけること
・パニックを起こしても責任回避できない経験
(謝る、きちんとお願いするは避けられない)

怒鳴らなくても
こちらが感情を動かさなくても
譲らずに筋を通すことは可能です。

そして解決できれば
比較的早くパニックはおさまります。

こういう練習を積み重ねることが
発達障害には大事ですよね。


プロフィール

高橋 万紀子

Author:高橋 万紀子
美容、音楽専門トレーナー
心理カウンセラー
紙バンドクラフト講師
フルート、オカリナ奏者
2児のママ
自閉症系発達障害
ここでは主に
子どもたちに残したいレシピを
つづっていきます。
ママが作ってたあれ、
どうやって作るんだろう
と思ったときに、さっと引けるように。
ここのレシピで作った紙バンド作品は
売ってもOKデス。
レシピをプリントアウトして
講習会などで使ってくださってもOK!
機会があったら、このブログを
紹介くだされば幸いです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR