FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごぼうのから揚げ

教会に来ているご婦人がおいしいごぼうのから揚げを
持ってきてくださいました。
あまりのおいしさに感動!

作り方を聞いたら
「なんも、めんつゆに漬けて片栗粉叩いて揚げるだけだよ」
とのこと。

これは作らねば!

…(・・?)

めんつゆの濃さってどれくらい?←ここでフリーズする自閉症

なんとなくで作ったけれど、これで良さげなので忘れないようにレシピ残します。



〈 材料 〉

ごぼう 2本
めんつゆ(麺のつけつゆの濃さに薄めたもの) 250cc
片栗粉 大さじ5くらい
揚げ油

〈 作り方 〉

1)ごぼうをたわしでこすり洗いする。気になる人は皮をそぎ落とす。

2)8mmくらいの厚さで斜め切りし、切った先から酢水に入れてアク抜きをする。



3)5~10分おいて酢水を捨て、さっと洗って水を切り、めんつゆを注ぐ。
半日ほど冷蔵庫に入れておくとよく味がしみる。



4)めんつゆからごぼうを取り出し、片栗粉をまぶして、170°Cに熱した油でからりと揚げる。



つまみ食いで増えない我が家。



※ 酢水は、ボウルにはった水にちょぼっと酢を落としたもの。アク抜きや、3枚におろした魚の身をくぐらせたりに使う。魚は洗うと旨味が逃げると言われるが、氷を入れた酢水にくぐらせると味が落ちないそうですよ。






スポンサーサイト

鍋プリン

我が家の人気スイーツに
鍋プリンがあります。どーん。



このレシピも、残しておこうと思います。

〈 材料 〉

・カラメルソース
上白糖 大さじ 6
水 大さじ 2

・プリン
牛乳 720g
上白糖 120g
バニラオイル(なければバニラエッセンスでも)数滴
全卵 6個


〈 作り方 〉

1)厚手の鍋にカラメルソースの上白糖と水を入れ、強目の中火で熱します。
グツグツ茶色くなったら火を止めて、鍋を回して焦げ目を均等にします。



2)別の小鍋に牛乳、上白糖を入れ、沸騰直前まで温めます。
その間に、ボウルに卵を割り入れ、泡立て器でほぐしておきます。



3)ボウルの卵に温めた牛乳を注ぎ入れ、バニラオイルも加えてよく混ぜます。



4)3の液を、網で漉しながら1のカラメルソースの鍋に注ぎ入れます。



5)我が家は2段重ねの鍋で直火に当てず、下の鍋に水、上の鍋にプリンで蒸しますが、
直火の場合は、できるだけ小さな火で時間をかけてじっくり火を通します。
60分を目安に。
2段重ねの場合は、下の鍋に水を数cmの高さ入れて上の鍋を乗せ、中火で、お湯が沸いたら弱火で60分。
必ずフタをします。



6)時間を見て、フタを開けて少し傾け、液体が流れなければ火を消して、粗熱が取れるまで放置。
冷めたら冷蔵庫で冷やします。




十分に冷えたら、
大きなスプーンで大胆にすくって盛りつけ
カラメルソースもかけていただきます♪


〈 お鍋のこと 〉

お鍋は、厚みがあって、保温力の高いもの
フタに穴が空いていないもの
が良いようです。
お家にあるもので、なるべくそういうお鍋を
選んでくださいね^_^

プロフィール

高橋 万紀子

Author:高橋 万紀子
美容、音楽専門トレーナー
心理カウンセラー
紙バンドクラフト講師
フルート、オカリナ奏者
2児のママ
自閉症系発達障害
ここでは主に
子どもたちに残したいレシピを
つづっていきます。
ママが作ってたあれ、
どうやって作るんだろう
と思ったときに、さっと引けるように。
ここのレシピで作った紙バンド作品は
売ってもOKデス。
レシピをプリントアウトして
講習会などで使ってくださってもOK!
機会があったら、このブログを
紹介くだされば幸いです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。